年別の記事

11月24日 出猟 YouTube 動画

~狩猟日記 
11月24日
昨日と今日は連休である、今日は辰矢が跡を見付けた北方の山に行く。
辰矢が仕事中に見付けて、跡が出ていると言う山であるが行って見ると、1日前の跡はあるが、新しい跡は出ていない。
将人に「なんか居るかもしれんわ」と言って、林道からカヤを引き込む。初めての山で、山は大山である。入れてすぐ、鹿が飛び出る。100mぐらい追ってカヤが戻ってくる。将人が「鹿ばっかりでどうにもならん」とぼやきながら、カヤを引くこと30分ほどあまり、その間に、鹿を7回起こした。将人より「子連れが踏んじょるわ!」私「足は?」と聞くと「60ぐらい」との事。
5分もするとカヤの床吠えが始まる。20秒ぐらいで床吠えが追い鳴きに変わる。将人より無線「間に合わんかった」私はすかさず「気を付けちょけ、止めるかもしれんぞ!」と言ってGPSを見ながらカヤの行った方に車を飛ばす。将人より無線「止めた!止めた!!」私は車を飛ばして林道を前に回ろうとするが、林道は行き止まりである。車から飛び降りGPSを見ると、私から280m将人よりである。マーカーからは「ハァハァ」言いながら、連続で吠えるカヤの声が入ってくる。生声もかすかに聞こえる。マーカーから聞こえるカヤの様子は、吠えた後に「ゼェゼェ」言う荒い息遣いが聞こえる。スダの中とは全然違う。おそらく立木で猪が見える所で、絡んでいるのであろう。5分、10分と時が流れる。山は急こう配で木立が多く、おまけに地面はザラザラの石が多い山である。
なおも吠え続けるカヤ。20分が過ぎ、25分が過ぎた。私は「まだかと!」将人に聞きたいが、将人も必死で現場に寄っている様子を思い浮かべて、無線を入れるのを我慢した。カヤのマーカーから銃声音が入った。少し間を置いて生の銃声音が聞こえた。その間に「やったよ!」ゼゴゼゴ息を切らしながら、あの足場の悪い山をよく寄ったものだ。
プロポイントを付け直して2回連続で仕留めた。無線で「猪は60kのメス猪、反対の方に引き下ろす」との事。私と辰矢は車を飛ばして反対側に廻る。車で40分かけて反対側に廻ると、将人は谷の上30mの所まで引き出していた。あの大山を40分かけて、一人で引き下ろして来たのである。辰矢がすぐ上に登って行き2人で引き出して来たが、猪は丸々と肥えて60を超えたメス猪であった。
谷で内臓を出して冷やし、辰矢が将人と2人で車を取りに行くと。途中で原田氏に会ったようである。私は獲った時に引き出すが大変と思い、原田氏に電話をかけていたが、到着した様である。

追伸
うちから1年半ほど前に、ラガー犬の子犬を持って行ったM氏が、今猟期に入ってもう15頭目を獲ったとの事。
嬉しい報告が届いた。

https://www.youtube.com/watch?v=p_vGMgfjRwc&feature=youtu.be

https://www.youtube.com/watch?v=2XpJ7VZke2M&feature=youtu.be

 

11月23日 出猟 YouTube動画

~狩猟日記 
11月23日
今日は将人と辰矢と親子三人で近くの山に出猟。
将人は用事があるので10時までに山を下りるとの事。山に着くなり早々にカヤを引いて行く。辰矢が跡見みがてら、谷々を見てまわる。しばらくすると「40k位の踏足がある。」と将人からの無線。辰矢から「自分の入っている谷を40k位のがあせっている。そっちにおらんかったらこっちに来ないよ。」と将人に言ってる様だ。
1時間位たって、将人より辰矢に「こっちにはおらんから、そっちに下るわ。」と無線が入る。私も車を回して、辰矢の入っている谷に入って行くと、辰矢の車が見えたので、50M位離れて車から降りて辺りを見ると、猪の生跡があちこちにあった。将人のGPSを見るとカヤが200M位まで近づいて来ている。マーカーのボリュームを上げ聞き耳を立てると「カサカサカサ」とスダの中を狩り込むカヤの様子が伝わって来た。匂いに乗っている様子である。そう思っているとカヤの動きが止まった。2~3秒おいて「ヴァウヴァウ」カヤの低い声で床吠えが始まった。将人より「起こしたよ」すかさず私が「分かっちょる。早よ行って撃て」なおも鳴き続けるカヤ。私から左上100M、生声と猪のまくる様子が手に取る様に分かる。どうやら猪は2頭以上いるようである。2分、3分、5分、と時間が流れた。私は近づいて行っている、将人を思い浮かべながら「今日は鉄砲が当たってくれよ」と思っていると。「ドォーン!」「やったぜー!!」と将人の明るい声。すかさず辰矢から「兄ちゃんうまいやんけ!」将人より「辰矢おまえどこにおるとか?」と将人が聞くと「カヤが鳴き出したから、鉄砲が当たらんとこっちに来るが、と思ってカヤの吠えている高さまで上がってスダの切れ目のウジで待っちょたとよ。そっちに行くわ」と辰矢が将人に言っていたので、私が辰矢に「将人まで何Mあるとか」と聞くと辰矢から「120M」との事。私は「そこから将人のおる所までは、スダばっかりで人間は行けんど。将人がおる所から100M位上だから、一回車の所に出て真下の谷を上がって行った方が早いぞ」と言うと辰矢から「了解」
5分もすると辰矢が下りて来た。ニコニコ小走りで「面白いじゃないけ、楽じゃねー」と言いながら「兄ーちゃん声出してん」と将人が大きな声で「おおーい!」と叫ぶ。私のすぐ上70M位で将人の声が聞こえた。10分もすると40~45kの猪を、鉄砲の弾は耳の後ろから入って、脊髄を打ち砕いていた。将人によると1回り大きいのがもう1頭と20k足らずの子猪がいたとの事。将人が撃ったのは40~45kの子供を産んだことのないメスだった。将人は早々に帰り、辰矢と私は猪の腹を抜いて川に浸けて帰った。

https://www.youtube.com/watch?v=uayqnPPjRU4&feature=youtu.be

 

11月22日 出猟 YouTube動画

~狩猟日記
11月22日
今日はカヤの姉妹犬「マイ」を連れて、近くの山に将人が1人で出猟。私は仕事である。
前日に、将人の上下2連の20番の銃にプロポイントを付けた。と言うのも、いつも一発目がなかなか当たらない。今日は将人が勇んで山に行ったが果たしてどうであろうか。
昼前に帰ってきて将人が首をかしげながら、「ダメじゃった、撃てんかった。」とぼやく。早々にカメラをテレビに繋いで2人で検証。マイが2声鳴くと猪が走り、それにマイが追い付き咥える。猪を止めてマイが吠え出す。将人が5分程で現場に着く。マイが盛んに吠え立てる。将人が15mぐらいまで近づくと、吠えていたマイが将人の顔をチラチラ見て、吠えながら猪に近づいて行く様子がテレビに写し出された。将人が銃を構えると、さらにマイが猪に近づく。その時、猪がマイをまくって将人の前を通り過ぎた!鉄砲が鳴らない。猪に追われたマイが将人の前を通り過ぎ、右のスダに飛び込んで逃げて行く。それに猪が追い付いた「ギャギャン!」マイの声。猪はそのままUターンしてまくった所より、5~6m下のスダに帰って行った。マイも猪の後を追いUターンして、今度は将人の正面スダの上から吠える。マイの耳の横から血が流れている、どうやら切られたようだ。
大きい物であればまくるスピードも鈍いが、4~50kの猪なのでまくるスピードが速い。マイが上から吠えると言う事は、上の方に猪がまくってくるとまくりのスピードが鈍くなる。それを考えてのことであろう。盛んに吠え立てるが将人によると、吠えている時に猪が抜けたとの事。人間がそばにいるのを気付いたのであろう。私がビデオを見ながら「マイがお前の顔を見てから猪に近づき、おびき出してきたのになんで撃たんかったとか。」と聞くとプロポイントが邪魔になって、撃てなかったとの事だったので、プロポイントを違うのに変えた。
マイはあごの下、耳の横、右横腹の3ヵ所を皮一枚切られていた。
これから続けて23日、24日の2回一発で仕留める。
乞うご期待。

https://www.youtube.com/watch?v=LrYsKCiigBI&feature=youtu.be

https://www.youtube.com/watch?v=FWYYLBJ01Qg&feature=youtu.be