更新情報

狩猟日記 ボス単犬初めての100K級を止める2歳半

次の日、第1ラウンド将人がマイを引いて跡のある山を狩り込む。

何も出ない。

 

第2ラウンド、辰矢がボスを引いて上がる。

5分位すると「猪じゃ!」無線が入る。

どうやら猪が起きていた様である。

「ボスは?」と聞くと、「今、行った!」との事。

すかさず、ボスの追い鳴きが始まる。

50M位で県道をきり、隣の山へ移る。

私は車で追う。7インチのGPSモニターを取付たので動きやすい。

県道を渡って50M位の所でボスが止める。

立て吠えが始まる。

将人が車を降り、現場へ急ぐ。

現場は女竹とかんねかずらの険しいヤブである。

5分、10分と時間が過ぎて行く。

辰矢が山から走り下りて来た。

ボスの止め鳴きから追い鳴きに変わる。

わたしは車で、下の道にまわる。

高速のトンネルを抜け、反対側で最後の決戦である。

猪はひょろひょろしながら犬をまくっている。

若犬のボスはこのクラスの猪は初めてであるが、よく止めている。

将人が近づいてこめかみを1発。

猪は100kgクラスの大物であった。

https://www.youtube.com/watch?v=Tij6zH3962Q

https://www.youtube.com/watch?v=kKPtIRIUSI4